ハイパースキン脱毛の効果って?メリットやデメリットを紹介

従来の光脱毛の方法とは異なる「ハイパースキン脱毛」が年々注目度を高めています。

ハイパースキン脱毛は、名前のとおり肌に優しいだけでなく、痛みがないなど様々なメリットがあります。

このページでは、ハイパースキン脱毛の特徴やメリット、デメリットについて紹介します。

ハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛は、他の光脱毛とは全く異なる脱毛です。バルジという「毛を製造する場所にある、毛のタネ」にアプローチするという新しい脱毛方法で、新たな毛が生えるのを抑制します。毛周期の「休止期」と呼ばれる休んでいる毛のみが消えていくので、従来の光脱毛のように既に生えている毛が抜けていくような感覚が無いのも特徴ですね。

参考:ハイパースキン脱毛理論

ハイパースキン脱毛は痛くない

毛根を高温の熱で焼く従来の光脱毛と違い、「痛くない」というのがハイパースキン脱毛の最大のメリットだと言えるでしょう。脱毛と言えば「痛い」というイメージを抱く人も多く、あまりの痛さに途中でやめてしまう人も少なくありません。毛のタネにアプローチするハイパースキン脱毛は高温で焼く必要性がないため、37℃前後の低温で充分なダメージを与えられます。肌の弱い子供でも脱毛できるほど痛みがなく、さらにヤケドやケガなどのトラブルが無いのも魅力ですね。

正直全然痛くなかったです。

脱毛している友達から話を聞いていたので、「脱毛はものすごく痛い」というイメージがありましたが、ディオーネのハイパースキン脱毛は本当に全然痛くありませんでした。

引用:ディオーネ脱毛は痛かったですか?痛みについて教えてください。

ハイパースキン脱毛は美肌効果も期待できる

ハイパースキン脱毛を行うときに照射する光には、肌に良いコラーゲンの生成を助ける効果があります。そのため単なる脱毛だけではなく、回数を重ねるたびに肌にハリや艶が出る効果が期待できるわけです。さらに、ハイパースキン脱毛の光がメラニンなどに働きかけることで、赤ら顔やシミといった肌の悩みを解決する効果も期待できます。また、そもそも低温施術で肌に優しいので、過度な肌荒れを抱える人やアトピーの人など、これまで通常の光脱毛を断れられていた人でも脱毛できる可能性があります。

ハイパースキン脱毛は産毛や白髪もOK

ハイパースキン脱毛は、産毛や白髪にも抜群の効果を発揮します。従来の光脱毛が産毛の脱毛に平均で15回以上かかるのに対し、ハイパースキン脱毛はおよそ10回程度で脱毛できてしまいます。また、従来の光脱毛はホクロやニキビ跡のようなメラニン色素が集まる顔への脱毛が苦手ですが、ハイパースキン脱毛なら顔の脱毛も可能で、シミやソバカスの無いきめ細やかな肌を目指すことができます。

ハイパースキン脱毛のデメリット

完璧に思えるハイパースキン脱毛ですが、デメリットもあります。これから生えてくる毛のタネにアプローチする方法のため、現在生えている毛には効果がないというのが代表的なものですね。そのため、すぐに脱毛効果を実感できず、結果が目に見えるまで期間を要します。ただ、数ヶ月で脱毛効果を実感できるので、よほど急いで脱毛したい人でない限り大きな問題ではないでしょう。また、ハイパースキン脱毛は2006年に開発された比較的新しい脱毛方法です。IPL脱毛やSSC脱毛といった他の脱毛方法に比べると歴史が浅いため、実績がたくさんある方法で脱毛したいという人には向かないですね。

ハイパースキン脱毛の期間や回数

部位によっても異なりますが、顔や背中などの部位であれば10回程度の回数で脱毛効果を実感することができます。VIOやワキなど、毛がしっかりしている部位に関しても8回~10回程度ですが、他の光脱毛より2回ほど回数がかかります。ただ、毛の周期に合わせて施術する他の光脱毛が2〜3ヶ月程度間隔を空ける必要があるのに対し、ハイパースキン脱毛は4週間前後という短い間隔で施術することが可能です。そのため、従来の光脱毛に比べて短い期間で脱毛が完了するのが大きな魅力です。

ハイパースキン脱毛するならディオーネ

ハイパースキン脱毛するならディオーネがいいと思います。
ディオーネについては公式サイトでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です